【慢性的な残業】ストレスが溜り耐えられない時の対処法

慢性的な残業

厚生労働省の調査によれば、会社員のストレスの原因第一位として挙げられたのは、「仕事の量」でした。

残業調査

出典:厚生労働省

耐えられないほどの慢性的な残業は、私たちの健康やワークライフバランスに対する重大な脅威となっています。

しかし、幸いなことに、この問題に対処する方法は存在します。

本記事では、慢性的な残業に耐えられない時の対処法と、最終手段としての退職の検討について詳しく探求します。

健康で充実した生活を送るため、いっしょに考えてみましょう。

この記事の内容
  • 慢性的な残業の要因は、外部にある。
  • 抜本的な対処法は、転職・退職。
  • ただし事前準備が必要、副業がおすすめ。
主婦ブロガー

健康を害する前に、
行動を!

ジャンプできる目次

慢性的な残業が発生する要因|これでは耐えられません

夜の街1

残業の発生は、外的な要因によることが多いです。

つまり、自分の努力だけでは、慢性的な残業はなくせないということ。

会社の労働力不足

会社が従業員不足に悩んでいる場合、既存の従業員は多くの仕事をこなさなければならず、それが残業の原因になります。

また、新規顧客の追加や季節的なピーク時など、仕事量の急増に対して、労働力が不足し残業を引き起こすことがあります。

一時的なら納得できますが、「慢性的な労働力不足」となると会社の責任と言えるでしょう。

効率的な業務プロセス

仕事の計画やタスクの優先順位が適切に行われていない場合、残業が発生しやすくなります。

また、業務プロセスが非効率的な場合、同じ作業に時間を費やす必要があるため、残業が発生する可能性が高まります。

これも会社の問題と言えるでしょう。
みなさんの会社では、単純な集計業務を手作業で行っていませんか?

適切なリーダーの不在

上司が適切なリーダーシップを提供せず、職場の仕事の配分を管理していない場合、残業が慢性化することがあります。

「会議が多い、長時間」と、生産性が低く、時間の無駄!

企業文化や習慣の影響

みなさんの会社では、こんなことはありませんか?

  • 残業が多いと、評価される。
  • 定時で帰ると、周りから白い目で見られる。
  • 上司が帰るまで、会社に残る。
あせる人

これ、意外と多いんです。

一部の職場では長時間労働が当たり前とされ、習慣として定着していることが残業の原因となることがあります。

特に日本では「夜遅くまで働くことは美徳」という企業文化が根強く、長時間労働が社会的に尊重されます。

上司からの暗黙のプレッシャーが、長時間労働を受け入れる一因となります。

報酬を期待する同僚の影響

長時間労働には高い収入や、昇進の機会が期待できる側面もあります。

従業員の中には報酬を最大化しようとする動機で、好んで残業を受け入れます

このことが影響し、周りの同僚も残業が助長されるケースもあります。

「稼ぎたいから残業する」では、会社も迷惑です。

耐えられない慢性的な残業の対処法

夜の街2

慢性的な残業は、どうすれば減るのでしょうか?

大丈夫、自分で行動することで対処できます!

副業ブロガー

以下に対処法を提案します!

残業できない「口実」を作る

どうしても残業できない日は、帰宅のための理由を作りましょう。

残業できない日の「口実」例:

  • 「子供が病気で、すぐに帰らなければなりません。」
  • 「今日の予定があるのですが、忘れていました。」
  • 「体調が悪いので、早めに帰宅します。」
  • 「親が訪ねて来るので、迎えに行きます。」

毎日、連続で残業を避けるための「口実」例:

  • 「親の介護があるので、毎日定時で帰ります。」
  • 「家の修理中で、立ち会いが必要です。」

をつくのは気分が良くありませんが、問題ありません

なぜなら、会社よりも自分の健康プライベートの時間のほうが、大事だからです。

どうしてもストレスでつらい時に、「緊急避難的」に使いましょう。

副業ブロガー

自分の体が大事。
嘘でも構いません!

上司に相談する

改善意欲の高い上司であれば、相談してみましょう。

「不要業務の廃止」や「作業の機械化」など具体的に改善を提案すれば、採用してくれるかもしれません。

ただし、上司が「根性論」好きのオールドタイプであれば、期待できません。

相談しても、全く無駄です。

職場を変えてもらう

残業が少ない職場への異動を、希望してみましょう。

わがままかもしれませんが、疲弊して健康を害する状況であれば、十分理由になると思います。

ただし、会社の人員も余裕がないため、そう簡単に部署を異動できないケースがほとんどです。

副業ブロガー

職場の都合は気にしない!
自分の希望を申し出よう。

転職・退職する

どうしても慢性的な残業に耐えられない場合、会社を辞めるしかありません。

「転職・退職」は、ネガティブに思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

ワークライフバランスを改善するための、有効な手段の一つです。

副業ブロガー

専門家に相談してみよう!

「相性転職PersonalFile」
\無料!20代の就職・転職支援/

  • パーソナリティ診断でポイント把握
  • 経験豊富なカウンセラーが分析
  • あなたと相性の良い求人をご紹介

\公式ページはこちら/

相性のいい仕事、聞いてみる?【相性転職Personal File】

慢性的な残業に耐えられない!退職には準備が必要

夜の街3

慢性的な残業でストレスが堪り「もう耐えられない」と、限界まで頑張るのは避けましょう

退職に備えて、日頃から準備を始めておくことをオススメします。

副業ブロガー

生活費の確保は大事。
突然の退職は避けましょう。

転職エージェントに登録しておく

もし、今の会社に不満不安があるのであれば、転職エージェントに登録し相談しておきましょう。

今の会社に勤務しながら、相談できます。

登録は無料で、結果として転職しなくても問題ありません。

退職を視野に副業を始めておく

副業を始め、収入源を確保しておくことも有効です。

いつでも会社を辞めることができるための、環境整備です。

    副業のメリット
    • 追加収入を得られる
    • スキルが身につく
    • 経済的リスクが分散できる
    • 趣味や情熱を追求できる
    • 新しい人脈を得られる

オススメの副業は、「アフィリエイトブログ」
以下のメリットがあります。

    がオススメな理由
    • 平日の夜や週末に活動できる!
    • 場所に縛られない!
    • 会社にバレずに副業できる!
    • 低コストで運営できる!
    • webの知識が身に着く!

今すぐブログを始めたい方は、以下からどうぞ。
登録10分!月額1,000円程度で、自分のブログが作れます!

ブログを始めるなら国内シェアNo.1のエックスサーバー

\公式ページはこちら/


以下の記事で、詳しく紹介しています。

お勤めの会社が副業禁止でも問題ありません

以下の記事を、参考にしてください。

主婦ブロガー

自分の「明るい未来」が、
一番大事!

まとめ:慢性的な残業に耐えられない時の対処法

副業する人

残業が慢性的で耐えられないと感じる方に向けて、対処法を紹介しました。

残業が多い原因は外的要因が多くあり、どうしようもない部分もあります。

転職・退職は、前向きな選択肢です。

まずは副業を始めて、生活資金を確保しつつ、スキルを身に着けておくことが重要です。

副業は、会社にバレない「アフィリエイトブログ」がオススメです。

    がオススメな理由
    • 平日の夜や週末に活動できる!
    • 場所に縛られない!
    • 会社にバレずに副業できる!
    • 低コストで運営できる!
    • webの知識が身に着く!

今すぐブログを始めたい方は、以下からどうぞ。
登録10分!月額1,000円程度で、自分のブログが作れます!

ブログを始めるなら国内シェアNo.1のエックスサーバー

\公式ページはこちら/


主婦ブロガー

行動あるのみ!
幸せを掴みましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ジャンプできる目次