【Googleサーチコンソール】登録と使い方|初心者でも簡単!

googleサーチコンソール
悩んでいる人

ややこしくて、まだ登録できていない…

「Googleサーチコンソール」(略してGSC)は、ご存じでしょうか。

名前だけは聞いたことがある…このような初心者の方に向けて、わかりやすく解説します。

この記事でわかること
  • GSCで、何ができるのか?
  • GSCの登録方法・初期設定の手順
  • GSCの見方や活用法

SEOで評価されるようサイト記事をリライト検討するうえで、Googleサーチコンソールは必須のツールになるでしょう。

「SEO」は、ウェブサイトが検索エンジン上位表示されるよう最適化する戦略です。キーワード選定やコンテンツ最適化、内部リンク構築などを通じて、オンライン可視性を向上させます。

ジャンプできる目次

Googleサーチコンソールの紹介

パソコン

Googleサーチコンソールの概要

Googleサーチコンソール(Google Search Console)とは、Googleが提供しているSEOに関する分析や課題解決を行うためのツールです。

Google検索キーワードの「クリック数」「表示回数」「検索順位」「サイトの問題点」などを確認できます。

Googleサーチコンソールでできること

Googleサーチコンソールは、以下のような検索におけるサイトのパフォーマンスを確認できます。

  • 訪問者が、どんな検索ワードでサイトを見つけたか?
  • どの検索ワードで何位に表示されたか?
  • どんな検索ワードがアクセスにつながったか?
  • サイトがGoogleデータベースに正しく登録されているか?

検索順位検索ワードを見ることで、「ユーザーの求めるもの」「サイトの改善点」を見つけることができます。

そのため、SEO対策には、Googleサーチコンソールは必須のツールになります。

Googleアナリティクスとの違い

「Googleアナリティクス」という名前もよく聞きますよね。

ややこしいですが、別の解析ツールです。

Googleサーチコンソールは、サイト訪問者が訪問する際の検索行動を分析します。

一方、Googleアナリティクスは、サイト訪問者が訪問した後のサイト内での行動を計測できます。

項目GoogleサーチコンソールGoogleアナリティクス
検索結果の分析
サイト内の回遊分析
サイト訪問者の行動検索時の行動サイト内での行動

Googleサーチコンソールの登録

パソコン作業

Googleサーチコンソールは、ブログ開設の初期から活用すべきツールです。

なぜなら、SEO対策の理解が深まり、その後の記事作成に役立つからです。

また、なによりサイト訪問者が増えてくる様子を把握することで、ブログ運営の励みにもなります。

無料で活用できますので、まだ導入がお済みでない方は、設定してみてください。

導入方法

STEP

サーチコンソールにアクセス

Googleにログインした状態で、「Googleサーチコンソール」にアクセスします。

STEP

サイトURLを入力

左側「ドメイン」に、あなたのサイトのURLを入力します。

プロパティのタイプ
STEP

サイトの所有権を確認

サイトがあなたの所有であることを、Googleに証明するために必要な登録です。

①HTMLタグをクリックする。

所有権の確認

②メタタグをコピーする。

メタタグのコピー

③サイトのホームページにある<head>セクション内の、最初の<body> セクションの前に貼り付ける。

*WordPressテーマにより登録方法は異なります。

テーマ「swell」の場合の導入方法

WordPressメニュー:「外観」→「カスタマイズ」→「高度な設定」と進み、

「</head>直前」の枠内に貼り付けて、「公開」ボタンを押す。

SWELLの場合

④Googleサーチコンソールの画面に戻って、確認ボタンを押す。

SWELLの場合
主婦ブロガー

「SWELL」での設定は簡単です。
初心者にもやさしい設計!

以上で、Googleサーチコンソールの登録は完了しました。今後、データ計測が始まります。

テーマ「SWELL」について

SWELLは、初心者にもオススメのWordPressテーマです。

    SWELLがオススメな理由
    • 親切な使い方マニュアルがある
    • デザイン性の高い
    • ブロックエディタに対応
    • プラグインを少なくできる
    • SEOに対応、サイトが高速表示
    • 買い切り、複数サイトで使用可
    • 不具合への対応が早い
    • 他テーマからの乗り換えが容易
SWELLのデモサイトを見てみる

\公式ページはこちら/

Googleサーチコンソールの使い方

スターバックス

Googleサーチコンソールには、様々な機能があります。

こちらでは、必ず使いこなしたい機能を4つに絞り紹介します。

    Googleサーチコンソール 活用したい機能
    • 検索パフォーマンスの分析
    • URL検査
    • インデックス状況の確認
    • XMLサイトマップの送信

検索パフォーマンスの分析

Googleサーチコンソールでは、検索結果のパフォーマンスを分析することができます。

まずは、検索パフォーマンスの数値。

Googleサーチコンソール
合計クリック数検索画面上でクリックされた回数
合計表示回数検索画面上で表示された回数
平均CTRクリック率(クリック数/表示回数)
平均掲載順位掲載された順位

次に、「クエリ」=検索キーワードを確認します。

自分の狙っていないキーワードの流入が見つかったら、「ブログタイトル」や「ディスクリプション」をリライトしてみましょう。

「検索パフォーマンス」の活用法
  • 現状の検索パフォーマンスを把握する
  • 記事をリライトする
  • リライト結果を確認する
  • 再度リライトを検討する

つまりGoogleサーチコンソールは、ブログ記事SEO対策PDCAを回す際に非常に役立つツールなのです。

URL検査

Googleサーチコンソール

URL検査を行うと、Googleの検索結果にインデックス(登録)されているかどうかがわかります。

ページのURLを入力することで、インデックス状況を確認することができます。

「URL検査」の活用法
  • ページがGoogleの検索結果にインデックスされているか確認
  • インデックスされていない場合に、登録リクエストを送信

インデックス状況の確認

サーチコンソールでは、サイト内のインデックス状況を確認できます。

ページがインデックスに登録されていない場合、「インデックスに登録されなかった理由」が表示されますので、必要に応じ対処できます。

XMLサイトマップの送信

XMLサイトマップを登録することで、Googleがあなたのサイトを認識でき、クローラーの回遊性を向上できます。

用語:XMLサイトマップ

XMLサイトマップとは、Webサイト内の各ページ情報(URLや最終更新日など)を検索エンジン向けに記載したXML形式のファイル(sitemap.xml)のこと。

WordPressのプラグインで作成できる。(以下はプラグインの一例。)

XMLサイトマップ

サイトマップの送信方法は、Googleサーチコンソールのメニュー「サイトマップ」で、XMLサイトマップのURLを入力し、「送信」を押します。

サイトマップが認識されれば完了です。

Googleサーチコンソール

まとめ:Googleサーチコンソールの登録と使い方

コーヒー

本記事では、Googleサーチコンソールの登録方法使い方について解説しました。

Googleサーチコンソールは主に、SEOの分析や課題解決を行うためのツールです。

多くの機能がありますが、まずは以下の4つを活用していただければと思います。

Googleサーチコンソール 活用したい機能
  • 検索パフォーマンスの分析
  • URL検査
  • インデックス状況の確認
  • XMLサイトマップの送信

Googleサーチコンソールは、記事のSEO対策のうえで必須のツールであることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

さらに勉強したい方は、以下を参考にしてください。

この記事は、以上です。


主婦ブロガー

以下は、ブログの関連情報です!
よろしければ、どうぞ。

ブログの関連情報

成功した女性

ブログのPV数を増やす

ブログは始めて見たけれど、PVが全く伸びないという方。

Googleの検索順位を上げるため、SEO対策が必要かもしれません。

以下の記事で、解説しています。

ブログの収益化

PVが伸びてきたら、収益化が期待できます。

以下の記事を参考にしてみてください。

ジャンル選びも重要

アフィリエイトで稼ぐには、ブログのジャンル選びも重要です。

以下の記事で解説しています。

ブログを楽しむ

ブログを趣味として楽しむのであれば、肩の力を抜いて気楽に楽しめばいいと思います。

以下の記事で、書いています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ジャンプできる目次